貯金のコツ


1. 口座は用途別に分けましょう。
貯金用の口座と使っていい口座を一緒にしておくと管理が曖昧になり、貯金しておかなければいけないお金までついつい使ってしまいがちです。そこで貯金は貯金用に口座を持つのがいいです。こうして口座を分けても使ってしまいそうな人は、銀行で積立などをしてお金を使えなくすれば貯金は増えていくと思います。

2. お金を下ろしたら通帳に用途を記入。
毎月必要なお金はいいですが、自動車税などの非日常的な支出がたまにあります。そういう時はお金をおろすわけですが、お金をおろしたら必ず通帳に何に使ったのか記入しておきましょう。通帳は以外にも書き込んでしまっても問題ありません。ただ、一応消せるように鉛筆等の消せるもので書いた方がいいと思います。この方法は小遣帳をつけるのが面倒な人にお薦めです。
ネット銀行を通常の引き出し口座に使用している場合は有効ではありません。

3. 無理のない金額設定
貯金が嫌になったら意味がありません。無理のない金額から貯金を始めましょう。始めは毎月1万円からでいいと思います。それでも余裕が出てきたら、金額を上げていけばいいだけです。無理やり貯金しても長続きしません。他の人に貯金を勧める場合も同じですので気を付けて下さい。ちなみに私は少々無茶をするのが好きなので結構貯金しています。

4. 貯金用の口座
貯金する場合、普通は定期預金にしようと考えるものです。でも、よく考えてみてください。銀行によって定期預金の利息は大きく違うものです。「近くの銀行に定期預金を作ろうかな」なんて安易な考えではダメです。私がオススメするのはイーバンク銀行です。「ネット銀行はちょっとヤダな」とか「安全じゃないし」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことは断じてありません。今、インターネットを使っている「あなた」なら普通に使うことができるはずです。それにセキュリティもしっかりしています。特にまだネット銀行をお持ちでない方は口座を作ることをお薦めします。


HOME

これはアクセスアップに役立つサイトで紹介しているテキチェンです。
種牡馬で馬券を獲ろう〜簡単馬券攻略〜種牡馬で馬券を獲ろう〜簡単馬券攻略〜
ネットでwin−副収入の稼ぎ方−